ここからサイト内共通メニューです。

組合員活動とは



組合員による様々な活動についてご紹介します。【準備中】


 

組合員による様々な活動

生活クラブは生活協同組合として、組合員の出資、利用、運営によって成り立っています。

その運営を支えるのが組合員活動です。

生活クラブの組合員活動は、

組合員の自発的で主体的な意識によって動機づけられるものであり、

生活クラブ運動をすすめていく中で、

価値観を同じくする仲間と共に行動し、

社会の中で実現していくことによって得られる「達成感」が原動力となるものです。

だからこそ、やらされるのではなく自発的に自由な発想で活動します。

 


総代【準備中】

総代会と総代の役割
総代会は、最高の意思決定機関です。組合員は一人一票の議決権を有していますが、全員が一堂に会することは物理的に難しいことから、ブロック選挙区毎に選出された総代が出席して、年1回、通常総代会を開催しています。総代は組合員一人ひとりの委任を受けた代表であり、責任をもって方針決定に参加します。総代会だけの出席だけではなく、方針策定での意見交換へ参加し方針に反映させていきます。
総代は、定款の定めに従い、110名がブロックから選出されます。任期は1年です。


詳しく見る【準備中】

 


生産者交流会【準備中】

組合員が自身で扱っている食材などについて生産者と共に学ぶ機会です。【準備中】


詳しく見る【準備中】

 


ブロック【準備中】

生活クラブ茨城では県内の配送地域を3つのエリアで分担し「牛久ブロック・県南ブロック・県央ブロック」として活動しています。【準備中】

ブロック
生活クラブ茨城では、地域の特性や自主運営自主管理を高めていく上で、県内を牛久(牛久センター)、県央(水戸センター)、県南(取手センター)の3つのブロックに分けてブロックによる運営を行っています。
それぞれが経営的にも自立できる組織規模を目指して生活クラブの運動と事業を推進します。ブロックはセンターを中心とした行政区を単位とし、行政区の組合員数は組織率2%(世帯数)以上、もしくは500名以上を目指します。


詳しく見る【準備中】

 


消費材Step Up点検【準備中】

組合員と提携生産者が話し合い、生活クラブ独自の自主基準を定めています。また、組合員自らが生産現場を訪問し、確認することで安全のレベルアップを図っています。【準備中】



 


地域くらぶ【準備中】

生活クラブ茨城の組合員が自分の地域で活動できる場、グループを作り活動しています。【準備中】

地域の活動表現の場
地域で地域くらぶのネットワークを通じて、仲間づくりやたすけあいにもつながりを持たせます。


詳しく見る【準備中】

 


各種組合員活動【準備中】

生活クラブ茨城で行っている組合員活動についてご紹介します。【準備中】


詳しく見る【準備中】

 

 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

生活クラブ茨城 公式SNSでお役立ち情報を配信中!
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。