ここからサイト内共通メニューです。

〈C〉たすけあい、暮らしへのとりくみ



福祉(Care)をテーマにした活動を紹介します。 


 

生活クラブ茨城の福祉(Care)をテーマにした活動



エッコロ

エッコロ制度は、組合員同士の身近なたすけあい。「困った時はお互い様」の気持ちをカタチにしたものです。

たすけあいホットラインはこちらから
困った時は、たすけあいホットラインにお電話ください。
組合員専用ダイヤル070-3937-5004


ハグくみ(生活クラブ共済”ハグくみ”)【準備中】

生活クラブ共済ハグくみは生活クラブオリジナルの共済です。月額1,000円の掛け金で、「使える」ユニークな制度になっています。ワーカーズと連携したハグくみケアサービスなど退院後のケアなどにも給付されます。【準備中】
 
茨城独自のケアサービスを詳しく見る【準備中】
ハグくみの保障内容を詳しく見る【準備中】



 


共済(CO・OP共済たすけあい)

CO・OP共済≪たすけあい≫は、女性向けやこども向けなど、それぞれに必要な保障をセットした共済です。掛金は年齢・性別に関わらず満期まで一律です。手頃な掛金で、家族みんなの安心を守ります。医療保障に重点を置いて入院、ケガ通院、手術などを保障します。

制度内容などを詳しく見る【準備中】



福祉事業【準備中】

生活クラブ茨城では、2019年10月から訪問介護事業の開始を予定しています。訪問介護事業では、生活クラブ10の基本ケアを基本にとして、利用者本位の福祉を行います。【準備中】

基本理念・方針を見る【準備中】
訪問介護事業所のご案内【準備中】

詳しく見る【準備中】サービス案内を作る【準備中】

 


見守り(地域の見守り活動)【準備中】

現在茨城県と生活クラブの配送エリアを中心に13の市町村と見守り協定等を締結しています。配達中など業務中の見守り事例等に対応します。職員向けの認知症サポーター養成講座を実施し、認知症への知識を深める活動にも取り組んでいます。【準備中】

PDF 連携行政などを見る 一覧表【準備中】


認知症サポーター 見守りへ【準備中】

生活クラブ茨城と茨城県は、認知症普及啓発起業連携事業協定を結んでいます。
高齢化が進む日本、認知症の方への対応など地域生協として取組みをすすめていきます。組合員や職員を対象とした認知症サポーターの養成を推進しています。

詳しく見る【準備中】

 

 

その他の生活クラブ茨城の活動・とりくみ


 

認知症サポーター

生活クラブ茨城と茨城県は、認知症普及啓発起業連携事業協定を結んでいます。
○認知症サポーター養成講座のご案内

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

生活クラブ茨城 公式SNSでお役立ち情報を配信中!
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。