ファイバーリサイクル

~スラムの学校を支援する活動にあなたの古着を提供してください~
ファイバーリサイクル活動の「古着提供者」を募集しています。
あなたの古着がゴミではなく、パキスタンの子どもたちのために役立ちます。

登 録/継続になります。
今まで登録した方には第24週(6/17~21)に回収票が届きます。
登録がまだの方、ぜひ協力してください。登録者大募集です!
登録申込書を提出してください。

回 収/登録者の荷受け場で回収します。但し牛乳のみの配達便では回収しません。一人で2袋以上の場合はセンターへ持ち込みです。諸事情で持ち込めない場合はお早めに遠慮しないでご相談ください。


① 登録申込(第21週) 
5/27(月)~5/31(金)
↓   
② 登録票配布(申込者)(第24週)
6/17(月)~6/21(金)
↓        
③ 回収(第26週)
7/1(月)~7/5(金)
↓ 
④ 仕分け牛久センター     水戸センター
7/4(木)、7/6(土)            7/3(水)、7/5(金)

★学習会のお知らせ★
水戸センター  5/31(金)13時~15時
ムザビル校長 先生がいらっしゃいます!!

牛久センター 7/4(木)10時~12時
仕分け体験有り!!

ファイバーリサイクルのお知らせ


 

ファイバーリサイクルに登録を!
登録は、班の組合員は班で(何人でも可)、あいくらぶ組合員は個人でできます。登録していただくと、お家にある不要な「古着」を配達時に回収します。

ファイバーリサイクルって何?
日本では、繊維製品の原料をほぼ100%輸入し、衣類のリサイクル率は10%程度、ほとんどは焼却、廃棄されているのが現状です。リサイクルされている衣類の約半分は海外に輸出されていますが、古着の国際マーケットでは、貧富の格差や児童労働などの社会問題が存在しています。焼却・廃棄されている古着を、JFSAの活動を支援しながら、リユース・リサイクルしていきます。

JFSA(NPO法人日本ファイバーリサイクル連帯協議会)とは?
貧困で教育を受けられない子供たちのために、パキスタンのスラムの学校運営を支援するアル・カイール事業グループと連帯して古着のリサイクルを行っています。収益はスラムの子供たちのための学校、アル・カイールアカデミーの運営を支える資金(先生の給料や教材費用)として活用されます。現在、学校の運営費の約4割を古着事業の収益で賄っています。JFSAでは年間約90トンの古着を日本全国から集め、そのうち約70トンをパキスタンへ輸出し、残り20トンは日本国内で販売し、JFSAの活動を支える資金(倉庫の家賃やスタッフの人件費、パキスタンへの派遣費用など)として活用しています。

お知らせ一覧

  • エッコロ
  • たすけあいホットライン
  • ハグクミ
  • センターへのアクセス
  • 単協独自品
  • GMOフリーゾーン宣言登録用紙
  • イベント報告
  • イベントカレンダー

    2018年11月

            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  

    2018年12月

                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          

ページの先頭に戻る