GMナタネ自生調査活動

今年もやります!GM(遺伝子組み換え)ナタネ自生調査活動

今年も全国でGMナタネ の自生調査活動が始まります。

この活動により、全国にGMナタネ汚染が広がっていることが分かりました。2010年名古屋で開催された「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)において、この調査報告が発表され、遺伝子組み換え生物による被害への補償ルールを定めた「名古屋・クアラルンプール補足議定書」の採択に
大きな影響を与えました。今この地道な活動が高く評価されています。

生活クラブ茨城では昨年 と同様ブロック毎に活動の組み立てを行い、鹿島港周辺と、身近なところにGMナタネの汚染がないか調査します。

まずは、身近な道路沿いなどに菜の花が咲いないか観察しましょう。咲いていたら注意しながら採取し、日にちと場所を記録しましょう。具体的な採取の仕方は下のサイトを参考にして下さい

調べてみようGMナタネ

採取した菜の花は、ブロック毎に検査キットで、遺伝子組み換えかどうか判定します。詳しい日程については今後HPにUPされるお知らせや、各ブロック・支部より配布されるお知らせをご覧下さい。

お知らせ一覧

  • エッコロ
  • たすけあいホットライン
  • ハグクミ
  • センターへのアクセス
  • 単協独自品
  • GMOフリーゾーン宣言登録用紙
  • イベント報告
  • イベントカレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    2018年2月

            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28      

ページの先頭に戻る