認知症サポーター養成講座のご案内

生活クラブと茨城県は、認知症普及啓発起業連携事業協定を結んでいます。

厚生労働省が推進する「認知症サポーター100万人キャラバン」(全国で100万人の認知症サポーターを養成する運動)を共にすすめています。

養成講座に参加したい方、企画したい方は、こちらの申込用紙を記入して、まち・ブロックへ提出してください。

用紙はこちらからダウンロードしてください。 →認知症サポーター養成講座 申込説明書.pdf

 

認知症は誰にでも起こりうる病気。いつ,自分や家族が認知症にならないとも限りません。
認知症になっても,安心して暮らせる地域をつくるために,「あなた」にもできることがあります。
それは,認知症を理解し認知症の人やその家族を温かく見守る応援者「認知症サポーター」になることです。

「認知症サポーター」とは,認知症について正しく理解し,認知症の人やその家族を温かく見守り支援する者の事です。

「認知症サポーター」は決して,何か特別な事をする人ではありません。
自分のできる範囲で活動したり,学んだ知識を友人や家族に伝えたり,認知症の人やその家族の気持ちを理解しようと努めることも,サポーターの活動のひとつです。
また,スーパーマーケットや交通機関などで働く人が,働く場で認知症の人の手助けをするなどの関わり方もあります。
まず,できることから始めてみましょう。


 

ページの先頭に戻る